年上男性からのプロポーズされるには どうやって告白させたの?

年上男性との恋愛テクニック

年上の男性。落ち着いた雰囲気、柔らかな物腰、ところどころに感じる余裕。一緒の時間を過ごすだけでその振る舞いに心を奪われる女性も多いでしょう。

だけれども、そんな魅力的な年上の男性が自分に振り向いてもらえるか不安に思ってしまうかと思います。

そこで今回は、意中の年上の方に振り向いてもらい、プロポーズをしてもらうにはどうすればよいかを解説していければと思います。

人生を共に歩むパートナーとしての意識を明確にする

恋愛と結婚の大きな違いは、お互いの人生を背負い合うという点にあります。残りの人生、といったとてつもなく長い期間を共に生きるということは、「楽しい」と感じることよりも「悩み」を抱くことが多くなるかもしれません。

楽しい時間を共にするだけならば恋愛という関係の方が良いかもしれません。それでも、結婚というものを目指すのであれば、人生の中で出会う苦境に一緒に立ち向かうという覚悟が必要といえるでしょう。

恋愛の関係の中で、年上の男性にとって年下の女性は可愛らしい存在です。男性は、可愛らしく思っているあなたを喜ばせるためにすこし背伸びをして恰好をつけているかもしれません。その微笑ましい背伸びを受け取り、笑顔を返すのが恋人として求められているものでしょう。

しかし、恋人から夫婦に代わるにあたって、求められるものは変わってきます。

共同経営者という視点

夫婦として求められる視点は、「家」における共同経営者という視点です。共働き家庭が増えてきている中で、この視点は重要になってきます。結婚という言葉のイメージからは遠いように感じる方も多いかと思います。

しかし、共に同じ家で暮らす以上、家事の分担や現在の収入、将来設計など現実的な物事を考えるうえでこの視点が無ければ家庭は破綻してしまいます。

共同経営者の視点を持っている女性は男性にとって心強いものです。不況やメンタルヘルスの問題などから「いつまでも同様に自分が働けるか」というような不安を感じる方が多い中、このような方ならば残りの人生を共にするパートナーとして認識してもらえるでしょう。

加えて、恋愛関係の中でこのような目線を持っていることをアピールすることは、「次の関係を意識している」というアピールになります。

現実的な視点を持っていることはギャップにも繋がります。年下の女性というだけで年上の男性にとっては可愛らしい存在です。現実的な目線を備えることは、あなたが持っている魅力に更に新しいものを加えることにつながります。

安らげる存在としての立ち位置

現実的な目線だけでなく、必要となるのは安らげる存在となることです。いうまでもなく自宅は帰る場所です。その場所での居心地が悪くなれば、仕事での疲れが癒えずにパフォーマンスの低下を招きます。

相性を分析する

お互い人間である以上、「一緒にいて居心地がよいかどうかは相性次第」という言葉で片づけることができます。しかし、相性という言葉の中身を具体的に理解することによって生活の中のすれ違いを減らし、結婚生活でのストレスを大きく減らすことができます。

弱音を口にすることを苦手とする男性は多いです。まして、あなたが憧れるような年上の男性は弱音を話すことなく可愛い背伸びを続けるでしょう。交際中ではその背伸びに気付かないことが求められていたかもしれません。しかし、夫婦となった場合はそのままではいけません。

外から持ち帰った疲労を労い、無理をしなくても安らげる環境を作ることが求められます。

男女の違いをリスペクトする

男性と女性の価値観では相違点があり、そこをめぐるトラブルは後を絶ちません。例えるならば男性のコレクションを勝手に処分してしまって男性が無気力に陥ってしまったという事例があります。

このように結婚後は金銭の使い道や、家具の配置、辛い時の対処方法など山ほどあるでしょう。これらどちらが優れていてどちらが劣っているというものでもなく、ただ「違う」だけです。その違いを擦り合わせていくことで、相手は同じ空間で感じる窮屈感は減っていく事でしょう。お互いに感じる小さな違和感がなくなることは、結婚後の幸せにもつながっていきます。

年上男性からプロポーズされる方法

年上の男性からプロポーズをされる方法として、二つの視点をご紹介いたしました。そのどちらも共通していることは、今後の人生を共に歩けるか、といった視点です。

男性も結婚を意識するからこそ、この視点をもって女性を見ています。

「結婚したはいいけれども結婚生活が楽しくない」「こんな相手と結婚しなければよかった」という後悔をしないためにも、意中の男性と幸せな結婚生活を送る参考にしていただければ幸いです。あなたが幸せな結婚生活を送れることを祈っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました